FC2ブログ
 
肩凝りをリセットしよう! その1
2009-07-07 Tue 23:38
今日は七夕なのですが・・・。
リハビリがてらSSを書いていたんですが、半分くらいで止まってしまいました。
未完のままアップするわけにもいかないので、来年に持ち越しかな~(涙)。
お待たせしてしまって、本当に申し訳ありません。

さて、拍手コメントで、肩甲骨のはがし方を教えてほしいとありましたので、こちらでMaria流肩凝り解消法を語ってみたいと思います。
名付けて・・・Maria先生の肩凝りリセット教室♪
日頃、わたくしのダークな欲望を吐き出し続けているので、たまにはリアル世界で役立ちそうな事を語ってみましょう(笑)。
なので、今日は久しぶりに先生モードで語ります・・・あまり変わらないかもしれないけど。

日々悩まされている「肩凝り」ですが、原因は本当に様々です。
よくある原因を上げてみると、

1.腕の疲労
2.目の疲労
3.血行障害
4.足腰の疲労
5.姿勢
6.精神的ストレス

肩凝りを解消するためには、まず、何が原因なのか見極めていくことだと思います。
しかしながら、治りにくい肩凝りの場合、原因がいくつも重なってしまって、柔軟体操をやっても、マッサージや整体に行っても治らない・・・ということも多いですよね。
わたくしがまさにそのパターンで、原因を突き止めようと思って、いろいろ試行錯誤をしました。

まず、1.腕の疲労。
これはもう、PCで長文を打っていると、必ず出てきます。
単純にこれが肩凝りの原因の場合は、腕を休めて、マッサージすると、ある程度治ります。

おすすめなのは、ベッドの中で寝ころびながらの腕、肩もみ。
腕の場合は、ごろんと仰向けになって、両腕を床と直角になるようにあげたまま、上から下にさする。
こうすると、座ったままでやるより、腰・肩に負担がかからないので良いです。
リンパマッサージにもなりますからね。
肩は、腕と同じように寝ころんだまま、自分で凝っている場所を指先で押さえ、凝っている側の腕をゆっくり回す。
ごりごりしている所を指で押さえ、直角にあげた腕を回すと、かなり楽に凝りをほぐせます。
座った姿勢で一生懸命に揉もうとすると、揉んでいる方の手や腕がだんだん疲れてきますが、寝ころんだ体勢でやると、ものすごく楽ですよ。
ほぐれている感も実感できますからね~。


そして2.目の疲労・・・これは思っている以上に肩が硬直します。
わたくしの肩凝りの半分は、これが原因じゃないかと思いますね~。
解消方法ですが、蒸しタオル(火傷に注意)を目に当てておくと、目薬を入れるよりも効果あるのでお試しください。
できれば首の後ろにも蒸しタオルを当てておくと良いです。
目の疲労が治っていくと、じわわーんという感じで、首や肩が緩んできますからね~。
ちなみに目元を温めるのがコツです。
痛いからといって、くれぐれも冷やさないようにご注意ください(激しい炎症の場合は別です)。
目に「気」を通すという方法も効果的なんですが、「そんなものは信用できない」という人もおられると思うので、ここに書くのはやめておきます(笑)。

3.血行障害
そもそも肩凝りは血行不良から「凝り」が起こるわけですが、肩そのものからだけではなく、足とか腰の血行障害からも生じます。
凝ってる肩に、重い荷物を持たないように気をつけてください。
さらに硬直させる原因になりますからね。
あと、胸をしめつけるような、きつめのブラジャー。
しばらくノーブラで過ごすと実感しますが、肩の動き、肋骨の動きを制限してしまうので、凝りのもとになってしまいます。
特にアンダーバストは重要で、最大吸気時のサイズに余裕を持たせたぐらいのサイズがちょうど良いんじゃないかと思います。
きついボディースーツとかも、止めた方が良いですね~。
さらにきつめのジーンズや、きつい靴とかも要注意です。
ジーンズの場合、長時間座りっぱなしの仕事とかしていると、骨盤や鼠径部が圧迫されて、下半身がむくむだけでなく、腰から上が確実に硬直します。
骨盤は微妙な開閉運動をしているので、その動きが止まってしまうと、全身に影響が出るんですよね。

靴に関しては、姿勢にも関係しているので、これは次回かな。
さすがに長くなりすぎてしまった(笑)。
4.足腰の疲労と、5.姿勢に関しては、これが一番重要なのですが、とにかく長くなるので、明日まとめてみます。

6.精神的ストレス
これはもう、心の凝り=体の凝りって感じになるので、その原因となるストレスを解消させるしかないような気がします。
解消できないようなストレスの場合(嫌な上司・・・とか)は、なんとか折り合いを見つけるか、発散させるかするしかないですよねえ。
それか究極的手段に出る(会社を辞める・・・とか)か。
ただ、以前も書きましたが、鬱々とした気分は、体の凝りをほぐしてやると治ってくる場合もあります。
精神的ストレスだから完治は無理!と諦めるより、とりあえず体の凝りほぐすところからやってみる・・・というのはどうでしょうか?

いやはや、思った以上に長くなってしまいました。
たかが肩凝り・・・されど肩凝りですよ(笑)。
実は、難治性肩凝りの根本的な問題は姿勢にあるんじゃないかと思っています。
これの解決法も突き止めてあるんですが、明日まとめます。

↓以下、拍手コメントレスです。
>m様

コメントありがとうございました。
肩甲骨をはがすためには、まずは肩凝りを解消させること!・・・だと思っています。
肩周りの筋肉が硬直していては、肩甲骨はなかなか浮いてくれませんからね(笑)。
なので、Mariaが試している肩凝り解消法をいろいろ日記に書いてみました。
参考になる事があれば嬉しいです。         
別窓 | 徒然日記 | コメント:0 | top↑
<<肩凝りをリセットしよう! その2 | ++Rosariel.com++ 徒然メモ | ダイエットに夢中・・・でした>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

| ++Rosariel.com++ 徒然メモ |