FC2ブログ
 
『猛る獅竜と永遠の契りを』8話更新!
2014-01-19 Sun 23:55
明日は大寒ということですが・・・今日は一日中寒かった気がします。
部屋の中でPC使っていても、何だか指先が冷えてきたり。
早く春が来ないかな~と思いつつ、でも冬も嫌いなわけじゃない(笑)。
キンと冷えた冬の空気って、頭が冴えるような気がするんですよね~。
春になると、わたくし、花粉症疑いなもので、頭がぼ~っとしてしまうし。
考えるだけで、ちょっと憂鬱になります。

さて、本日『猛る獅竜と永遠の契りを』8話更新しました。
グウィンザとエリュイは無事に再会しましたが、さて、今後どういう展開になるか。
ここでいろいろ書いてしまうとネタばれになってしまうので、関係無さそうな世界観について。

この世界の夜空には、月がひとつなんですが、大昔には月が二つ浮かんでおりました。
その二つの月のひとつを、イシュヴァという竜神が砕いて、大地を創った・・・というのがマディヤル神話です。
太陽神ウィドゥ、夜の神ニュヴスというのは前作に引き続きですが、他にも天律の神々というのがいたり、神々の使者(天使みたいな)がいたりします。
この世界に神々が実在するのか、概念的存在なのかはさておき・・・こういう神話世界を考えるのって、昔から好きなものでね~(笑)。
あんまり細々書いてしまうと、判らなくなるだろうと思ったので、今回は↑竜神が月を砕いたというのがメイン。

今回は(広い意味で)ドラゴンものということで、つらつら考えていた時、「そういえば、恐竜が絶滅したのって、隕石が落ちてきたからって説があるよなあ」と思いついて、ニヤニヤしちゃいました。
世界中の神話を探しても、月を落とした神様っていなかったはず(←多分)。
月が食べられて月食が起こるというのはあるんですけれどねえ。
なので、これは大事にしていこうと思っております。

そういえば、Twitterでも書きましたが、久しぶりに分厚い上下巻の本を読みました。
感想はまた改めて書くとして、他に思ったこと。

いや~。これがまた読みやすい文章で、何だかちょっと久しぶりに凹みました。
もっとわたくしも良い文章を書かなきゃなあって、自信喪失したというか。
文章力、構成力、ストーリー、いろいろレベルアップしなきゃいけないなあと思います。
あと、キャラクターも。
いろいろ本を読まなきゃダメだなあと、改めて思いました。

何だか、いろいろ書いてしまいましたが、今日はこの辺で。
        
別窓 | 猛る獅竜と永遠の契りを | コメント:0 | top↑
<<ハデハデ着物で新年会 | ++Rosariel.com++ 徒然メモ | 『猛る獅竜と永遠の契りを』7話更新!>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

| ++Rosariel.com++ 徒然メモ |