スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
        
別窓 | スポンサー広告 | top↑
完全版《Ice Doll》出来上がりました!
2014-04-25 Fri 22:55
予定では5月初旬に出来上がることになっていた完全版《Ice Doll》ですが・・・。
なんと、本日、予定外の早さで出来上がってきました!!

期待以上に綺麗な本になりましたよ~。

アイスドールp0

表紙カバーは、イメージ通りです!
微エロ?路線ですが、一応、人前で読める・・・はず(笑)。

そして、カバー下は、エレガントな洋書風♪

アイスドールp4

表紙カバーがちょっと恥ずかしいという方は、カバーを外してくださると、何の本か判らなくなります。
これなら電車の中でも読めるかも!?

アイスドールp3

表紙をめくると、アイスブルーの見返し部分。
写真だと真っ白に見えますが、マーブルっぽいアイスブルーです。

アイスドールp2

見返しをめくると、真っ黒な扉。
銀のメタルインクで、表紙とリンクさせてみました。
シックな格子柄がちょっとスーツ生地っぽくないですか?

アイスドールp1

真っ黒な扉をめくると、本文が始まります。

と、装丁デザインはこんな感じ。

ご予約をいただいた方には、本日より発送を開始しました。
お手元に届きましたら、是非、カバーを外して、表紙を光にかざしてみてください!

ほんのりラメっぽい紙を使っているので、表紙やタイトルの白い部分がキラキラっと光ります。
パールというか氷っぽいイメージでキュリアスホワイトという紙を使いました。
これは写真だと判らないので、実際に見てもらうしかないんですよ~。
どうぞお楽しみに!

そして、この本を作るにあたって、

カバー、表紙デザインを担当してくださったYukako様
編集作業をお手伝いしてくださったS・H様
印刷、製本をしてくださった緑陽社の皆様

本当にお世話になりました。
心から感謝しております。ありがとうございました!

そして、そして、この完全版《Ice Doll》を購入してくださった皆様にも、感謝・感謝でございます。
ありがとうございます。
どうぞ末永く可愛がってやってくださいね~♪
他の本に紛れ込ませても、すぐには家族にバレないとは思いますが、お取扱いにはくれぐれもご注意ください(笑)。


完全版《Ice Doll》読者アンケート

それから、もしよろしければ、↑読書後のご感想をお聞かせください。
今後の書籍制作の参考にさせていただきますので、ご協力いただけると嬉しいです。
どうぞよろしくお願いいたします。
スポンサーサイト
        
別窓 | 同人誌通販情報 | コメント:0 | top↑
RENATUS ~DYNAZTY~
2014-04-22 Tue 21:45
何となく精神的に不調なので、気分転換に音楽の話題でも。

このブログを読んでくださる方はとっくにご存じだと思うのですが、わたくし、北欧メタルが大好物でございます。

たまたま車に乗っていた時にラジオで流れていた曲が、ぴぴっとアンテナに引っかかりました。
あれ、何となく北欧っぽい気がする、これ。
誰だろうと思って、『Shazam』で検索してみたところ・・・スウェーデンのバンド『DYNAZTY』だと判明。
わたくしのアンテナ、意外に精度が高いと我ながら感心しました(笑)。

RenatusRenatus
(2014/04/01)
Dynazty

商品詳細を見る


衝動買いしてしまったんですが、とっても良いんですよ、これが~。
多分、ボン・ジョヴィとか好きな方だったら、ハマるかなあと。
バラードは1曲も無いんですが、テンション上げたい時には最高です!



ただ、海外のメタル系のバンドって、どうしてこう暑苦しいんだろう(笑)。
日本の場合、メタルっぽさを取り入れてるバンドって、ビジュアル系にも多いから、その辺のギャップが面白いような気もする。
あと最近思ったのは、アニメの主題歌とかに疾走感のある曲が多いですね~。

進撃の巨人の「紅蓮の弓矢」「自由の翼」は良かったよ、うん。
サントラ買ったし、シングルも買ったし(笑)。
珍しく、しっかりアニメも見てました。
面白かったな~。
        
別窓 | 音楽 | コメント:0 | top↑
アメリカからの返信は・・・いつ来るの?
2014-04-15 Tue 23:56
アメリカに送ったファックスが、まだ戻って来ない~!
何故だ~~!!

・・・と、ちょっと不安になっているMariaです。
宛先が日本だったら、電話で確認することもできるんだけど、アメリカだと英語・・・うむ~。
もう少し待ってみようかと、消極的になってしまいます。
語学の壁は高いなあ。
英語が堪能な方が羨ましいですね。
わたくしの脳ミソは、日本語に特化されておりますから・・・思いっきり、言い訳ですけど。

ちなみに、我が家にFAXは無いので、FamilyMartから送りました。
初めて使ったんですけど、すごく便利ですね。
国際FAXも簡単に送信できるので、手続きさえ上手くいっていれば、オススメできるんですが。
まあ、とりあえず今週中は待ってみようかと思っております。

KDPへの登録そのものは簡単なんですが、まさか税金的なことに悩まされるとは。
ほとんど利益は期待してないので(Amazonにもマージン持っていかれるし)、税金対策しなくても良いかなあとも思うんですが、無駄に取られるばっかりなのは嫌ですからねえ。
一応、やるだけのことはやっておこうと考えております。

なので、KDPからの配信は多分、5月に入ってからになるんじゃないかと。
納品予定も5月3日なので、ほぼ同時になってしまいますね、きっと。

KDPの方の値段は、今の段階では、ワンコイン(500円)にしようかな~と検討中です。
わたくし個人としましては、やはり紙の書籍の方に情熱を傾けているのですが、電子書籍の方にも首を突っ込んでおりますし(笑)。
自分でkindleを買ってみての感想は、どこかに出かけた時の、ちょっとした暇つぶしには良い!ということです。
じっくり読書というよりは、お出かけ中の空いた時間を有効に使える感じです。
スマホで読むと、やっぱり目が疲れてしまうし、電池も消費するので、そういう意味ではkindleって良いかなあと。

ただ、実感として、あんまり高い本を電子書籍で・・・って気分には、どうしてもなれない。
ペーパーホワイトなので、表紙がカラーじゃないせいもありますが、紙の本と同じ値段を取られるのは、物凄く損した気分になったりするわけですよ。
「本が好き」という方ほど、そう思われるかもしれませんねえ。
前にアンケートをお願いした時も、そういう反応が多かったですし。

なので、電子書籍版《Ice Doll》のポジションは、「お出かけのお供に」・・・でしょうか(笑)。
通勤中とか、お出かけとか、ちょっとした空き時間の暇つぶしになれば良いのかなあと思っております。

実際のところ、kindleで読もうとすると、《Ice Doll》は長すぎる気もする。
電子書籍は短編とかをさらっと読むくらいの方が良いんじゃなかろうか。
そういう意味では、わたくしは真逆を突っ走っておりますけれどねえ。
「天に~」も「猛る~」も、《Ice Doll》より長いし。

気が付いたらこの記事も長くなっているので、今日はこの辺で。

yozakura.jpg
        
別窓 | 徒然日記 | コメント:0 | top↑
電子書籍版《Ice Doll》の章タイトル
2014-04-15 Tue 00:18
今月中に第2章までアップさせようかと思っている完全版《Ice Doll》なのですが・・・。
古いファイルと繋がりを良くしようと思って、だいたい同じ部分まででページを作っていたのですが、ここにきてかなりズレが生じております。
零の心情とか、ちょっとずつ文章が増えているせいなんですけれどね。
なので、なかなか第2章に突入できません。

でも、よくよく考えてみれば、最初の《Ice Doll》では、章分けをせずに書いていたので、読者にはどこまでが第1章なのか判らないよなあ。

ちなみに、電子書籍化するにあたって、章に見出しが必要とのことだったので、章タイトルをつけてみました。
残念ながら書籍版の方には反映されていないんですよね~。
タイトルが無い方がスッキリして良いなあと思っていたので。

第1章:邂逅
第2章:陥穽
第3章:虜囚
第4章:狂悦
第5章:惑乱
第6章:変容
第7章:夜夢
第8章:恋情
第9章:鎖縛
終章 :帰郷

↑以上のようになっております。
最初から最後までストーリーをご存じの読者は、ああ、これはあの辺と判っていただけるんじゃなかろうかと(笑)。
最初は「○○の××」的な見出しを考えていたんですが、何だかもっさりしているので、漢字二文字にしました。
でも、このタイトル見てしまうと、だいたいの流れが判ってしまうよな~などとも思ったり。

ちょっとカッコ良く英語の見出し・・・とも思ったんですが、全然思いつかなかったので止めました(笑)。

今、アップしている辺りはまだ第1章:邂逅となりますが。
零と鷲塚の距離が離れすぎていて、零の心情もまだまだ初々しい感じで、「こんな時代もあったよな~」と懐かしくなったりします。
昨日アップしたお仕置き編が、ちょいと危ういので、なおさらに。
読み比べていただけると、面白いんじゃなかろうかと思います。


        
別窓 | 同人誌通販情報 | コメント:0 | top↑
<Lechery Doll >5話UP!
2014-04-14 Mon 00:44
お久しぶりな更新情報です。
長らくお待たせしていた<Lechery Doll >5話、本日アップしました。

完全版《Ice Doll》の入稿とかで、随分、続きを書くのが遅れていたのですが、やっと腰をすえて書けました。
事務作業で使う脳ミソとは、多分違うところを使って書いているので、バタバタしているとなかなか集中できないんですよね。
でもまあ、かなり危ないお仕置き編、楽しみながら書けました。

零と鷲塚の関係は、完全版《Ice Doll》を書き直していた時に、改めていろいろ感じたんですが・・・。
結局のところ、零にとっては、鷲塚が最強の攻めなんだろうなあと、今更ながらに思いました。
ドSなところは、最初の頃から全然変わってないもんな~。
零限定で優しいところもあるんだけど、譲らないところは絶対に譲らないし。
飴と鞭を上手く使い分けて、調教していっている感じです。
それに馴染んでしまっている零の順応力も、ある意味凄いけど(笑)。

最近、この二人の10代の頃を妄想していて、結構面白いな~と思いました。
零は間違いなく、いじめられっ子属性だし。
一生懸命強がって、頑張ってるんだけど、絶対に誰かからちょっかい出されていただろうなと。

鷲塚の方は、絶対、真面目に学校なんかには行ってない!
頭は抜群に良いんだけど、お勉強はせずに、全然違う方向に能力を使っていたハズです。
出席日数だけ足りていれば卒業できるような、ヤンキー学校とかにあえて入学していて、自分のやりたいように生きてるんだろうな・・・。
で、学ぶ必要性のあることだけ、自力で学ぶ(笑)。

まあでも、いくら面白くても、10代でこの二人が絡むことは無いですからねえ。
いつか短編として書いてみても良いかなとは思いますが。
レギュラーキャラ、それぞれの青春♪みたいな。

それはそれで、イベント的で面白いかもしれません。
        
別窓 | 更新情報 | コメント:0 | top↑
ネットショップのあれやこれや
2014-04-13 Sun 00:38
まだ納品もされていない完全版《Ice Doll》ですが、ご予約段階にもかかわらず、多くのご注文をいただいて感激しております。
出すぞ、出すぞと言いながら、なかなか実現できなかった書籍化だったもので、やっとお届けできるな~と安堵してみたり。

でも、昨夜、もの凄い嫌な夢を見ました。
出来上がった本が、かなりおかしげな事になっていて、絶叫してしまうという(笑)。
どうも頭にこびりついていて、実物を確認するまで、なかなか安心できないようです。

一応、今日から郵便振替口座へのご案内もアップしておきました。
使わないかな?と思っていたのですが、何件かこちらからもご予約いただきましたもので。

新しく導入したネットショップ「BASE」ですが、非常に使い勝手は良いのですが、銀行振込み先が1件だけに限定されているので、それがちょっと不便かなと。
追加できると良いのですけれどね~。

クレジットカード決済も使っていただいて、ちょっとホッとしております。
わたくし自身も試しに使ってみたのですが、あっけないほど簡単で、ホントに大丈夫か?と思ったくらいなんですよ。
もちろんカード番号などの個人情報は、サイト側には流れてこないんですが、入金情報はほぼ瞬時にサクっと反映されるので、非常に分かりやすいです(今のところ)。

もしネットショップ開きたい!と思われている方がいらっしゃれば、「BASE」はお勧めですよ。
まあ、ショップデザインがあんまり選べないのが、ちょっと不便ではありますが。

『Rosariel.Net』のサイトデザインも妖しい雰囲気に変えてみたりもしましたが、サイトの更新時にいろいろミスってしまうことが多くて、ご迷惑をおかけしております。
今まで、ホームページビルダー9を使っていたんですが、突然これが使えなくなったので、ホームページビルダー17に変更したんですよね。
いろいろ難しくなった部分もあって、まだちょっと慣れておりません。
時々おかしげな現象がこれからも起きるかもしれませんが、「あ、まただな」と軽く流してやってください。
そのままにしておくことはありませんので。

それで、ネットショップなのですが。
「BASE」のネットショップからでも、今まで使用していたものでも、合計金額が変わることはありません。
ゆうちょ銀行の振込みと、郵便振替の違いといえば、「振替用紙」を書かなくてよくなるだけ・・・くらいでしょうか。
他の銀行からも振込みできるし、こっちの方が良いかと思ったんですが。
ただ、何度も繰り返し書いているのですが、「普通」口座ではないので、それだけはお間違えなきよう。
間違って振り込んだらどうなるか・・・わたくしもよく判りません。
でも多分、そんな口座はありません、になるか、全然違う人のところに行ってしまうか、どちらかだろうなあ。
「当座」口座ですからね~。
しつこいくらいに書いておりますが、くれぐれもお間違えなきようご注意ください。

ゆうちょ銀行(郵便振替)の場合、ご入金があると、わたくしのもとに明細表が送られてきます。
これに時間がかかるので、クレジットカードほど早く入金確認ができません。
これは他銀行からの振込みでも、郵便振替でも同じくらいだと思います。
この明細表でご入金を確認してから発送という形になるので、だいたい商品到着までに1週間~10日くらいかかると思っていただければ良いかなと。
(予約受付中の現在は、納品までに確認できていれば、すぐ発送できます)

どうしてゆうちょ銀行を振込み先にしたかといえば、単純に事務作業がしやすいから!です。
明細表を確認しながら、宛名カードを作ったりできるので、ミスが無くて確実かなと。

宛名カードに記載する住所は、申し込み時に書いていただいたものがそのままコピーされますので、住所の間違い、記載漏れなど無いようにお気を付けくださいね。
郵便番号を間違えていて、後から確認させていただく場合があったりしますので。

あと、振込み時の名義は、お申込みいただいた方のお名前でよろしくお願いします。
誰が入金したのかが判らないと困りますので。
一応、今回からは納品書をお付けいたしますので、注文に間違えがないかなど、ご確認くださいね。

今日は長々と細かい事を書きましたが、どうぞ皆様、よろしくお願いいたします。
        
別窓 | 同人誌通販情報 | コメント:0 | top↑
こだわりの装丁は、どうなる?
2014-04-10 Thu 00:07
桜が満開になって、まさに春爛漫の季節。

完全版《Ice Doll》の入稿も無事に終わって・・・と思いきや、修正箇所を見つけてしまい、後から原稿差し替えという大失態をやらかしてしまったMariaです。
緑陽社の担当さんには、本当にご迷惑をおかけしてしまいました。
大変申し訳ありませんでした。
でも、お陰様で、本が出来上がるのが楽しみのままでいられます。
修正しなかったら、きっと、どんよりしてただろうからなあ・・・・。

今回の同人誌制作、緑陽社さんの「本フェチ大賞!」なるものに参加することに決めたので、いろいろ装丁に凝ってみたのですが。
以下、Maria的ポイント。

◎こだわり、その1:リッチブラック!←カバーを真っ黒にしたかったんですよね~。
前回もこだわったつもりだったんですが、今回はギリギリまで黒にしてもらいました。

◎こだわり、その2:見返し。前回は遊び紙を前後につけたんですが、今回はさらに豪華に見返しにしてみました。
マーブルっぽいブルーのグッピーラップという紙を、これまた特注にしております。
真っ黒なカバーを開けると、次はアイスブルーという視覚効果(笑)。

◎こだわり、その3:扉。ギンガムGAの黒色。格子柄っぽい黒紙に、銀メタルインクを使い、見返しの次にさらに黒がくるようにしてもらってます。黒はインパクトがありますのでね。アイスブルーの次に本文用紙だと、ちょっと締まらないなあと思いましたので、鷲塚サンのスーツっぽいイメージで。

◎こだわり、その4:カバー下の表紙は、洋書風に♪ 紙はキュリアスホワイト。キラキラ光る紙(・・・らしい)なので、どんな印刷になるのか楽しみですね~。

↑と、これだけ自分なりにこだわってみたものの、実際にどうなるか判らないというドキドキ感がたまりません。
慣れてくれば想像つくんでしょうけれどね。
装丁も含めて、《Ice Doll》の世界が作り上げられたらいいなあと思っております。

早く出来上がって来ないかな~♪

信玄公祭

そうそう。信玄公祭りに参戦+出陣してまいりましたよ。
松平健さん扮する信玄公を、本当に間近で見られて感動しました。
桜も満開で、盛り上がりました!

でも、午前中から午後9時過ぎまでだったので、終わった後は疲労困憊でした。
        
別窓 | 徒然日記 | コメント:0 | top↑
完全版《Ice Doll》のお値段
2014-04-02 Wed 00:12
大雪に降られた寒い冬が終わり、ようやくこの最近、春めいてきました。
っていうか、今日はすでに暑い・・・昼間だけですが。

sakurasaku.jpg

満開になったらしい東京よりはずっと遅いですが、桜の花もボチボチ咲いてきております。

さて。
ここから先は、書籍化予定の《Ice Doll》の話題ですが。

前回の《Toy Doll》と同じく、B6版となりました。
ページ数は、表紙部分を除いて、264頁。2段組みです。
フォントは、前回よりちょっと小さくなりますが、「本明朝-Book新小がな」という新しいものにしてあります。
最近、書籍専用に作られたフォントらしくて、ちょっと良いかな~と思ったんですよね。
ページ数は前回と同じ感じにすると、300頁を超えてしまうので、いろいろ調整して、こうなりました。

装丁に関しては、デザイナーさんと相談しながらやっておりますが、Twitterにアップしたような感じ。
多少修正する部分はありますが、基本的にはあんな感じです。
箔押しを使いたかったんですが、細かい線が難しいらしいので今回は見送りました。
でも、本の中も凝ったつもりです(笑)。
まあ、本文がギリギリで、あとがき無いんですが。
スッキリしていて、返って良いのではなかろうかと思ってます。

ちなみに装丁に凝ったのは個人的な趣味なので、値段には影響させないようにしようと考えておりました。

ただですね~。前回と同じ値段設定にすると、2080円!?
これに送料とか、振込み手数料とかが乗っかってくると、2500円近くなってしまいますし。

増税の影響で、配送料とか手数料とかも上がっているので、微妙な1円単位の端数が気に入らないのですが。
手数料に関しては、銀行それぞれに違うしなあ。
メール便、今回は厚さの関係で、160円なんですが、これが164円になるのですよ。
小銭を出さないできっちりと・・・というのが、なかなか難しい。

よし!! 思い切って、本体価格1890円!!

・・・と、最初は思ったんですが。

1890円+160円=2050円で、やっぱり2000円を超えるので、

1840円(本体価格)+送料160円(国内限定)=2000円 にしようかと。

細かい端数は、とりあえず無しで!
あ、でも振込み手数料は、申し訳ありませんがご負担ください。
カード払いもできるようにしようと考えておりますけれどね。

ちなみに発送が入稿の関係で遅れておりまして、GW明けからになるかと思います。
お待たせして申し訳ありませんが、ご了承ください。

それから、Twitterでも書きましたが。
長らく公開してきた《Ice Doll》を、この完全版の完成をもって、4月末で公開終了とさせていただきます。

一応、1章・2章は完全版と入れ替えて、置いておこうかと思うのですが。

どうしようかと散々悩んだのですが、2020年までに《Rosariel.com》で書いたものをできるだけ書籍化して、サイトは書庫化しようかと考えております。
(↑短編とかは、更新するかもですが・・・)

わたくしも、親の介護とか、家庭内の事情もあり、以前のように定期的な更新というのができなくなっておりますし、小説を書くという姿勢そのものも変化してきました。
自分が納得できる物語を、納得できる形で読んでいただきたいなあとも思いますし。

なので、《Rosariel.com》を終わらせるわけではなく、ここからが新たなスタート。

そんな気持ちで、頑張っていこうと思ってます。
デザイナーさんに、ロゴも作ってもらったし♪

rogoblack.jpg


それに、どうせね、書かないなんて不可能なんですよ、わたくしの場合(笑)。
どんな形になるにせよ、何かしらは書き続けると思っております。

なんだか今日は長々と書いてしまいましたが、新年度ということで、決意表明。

2014年度も、<Rosariel.com>をよろしくお願いします。
        
別窓 | 同人誌通販情報 | コメント:0 | top↑
| ++Rosariel.com++ 徒然メモ |
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。