FC2ブログ
 
Ice Doll ブラッシュアップ!
2014-02-12 Wed 00:02
本日、やっと終わりました~!!《Ice Doll》の改稿・・・すでに改変?
いや、まだ完全に終わったとは言えないけど、とりあえず1回?、2回目?書き直しました。

ほぼ全文、書き直したような気分です、実は。
一文一文読み直して、考え直して、書き直して。削って、書き足して。
最初の方は、未熟度MAXなので、何だかもう苦行ちっくではありましたが。
でも、これだけ《Ice Doll》を真剣に読み直したのって、ホント、何年ぶりだろうと思います。

そもそも初稿が2003年なので、いろいろ読んでてビックリもありましたよ。
あの頃はまさか、「赤坂プリンスホテル」が無くなるなんて、思いませんでした(-_-;)
・・・時代の流れって、怖い。

まあ、でも、最初は苦行でしたけれど、最後の方はものすごく楽しくなってました。
鷲塚海琉・・・とんでもない男でしたね。
自分で書いたキャラであるはずなのに、「怖すぎ」と思ったり(笑)。
自画自賛というより、自画自驚な感じです。
ちなみに書き直したので、最初の頃の恐怖係数は微増されてます。
この状況で、どうやったらハッピーエンドになるんだろうと、読み直しながら自分で疑惑を抱いたり。
でも、零の心理描写を書き足した部分もあるので、そういう心の変化はスムーズに流れるようになったんじゃないかなあ。
もう一回、ざーっと読み直してみますけれどね。
鷲塚と零の会話も、ちょいちょい増えてます。

あと、廣田さん!
第三章へと続く伏線にもなるので、性格を詰めていったら、かなり怖くなりました(爆)。
零をいたぶるシーンとか、完全にホラーです。
書いてて思った。こいつも怖い。サイコパスだ。
そういう意味で、零はヤバい性格の男にばかり愛されて、かなり気の毒かもしれません。

「猛る獅竜と~」の主人公エリュイも気の毒だと思っていましたが、零に比べれば、全然、甘い!
苦労はするけど、しっかり守られているもんな~。
グウィンザは大人だしな~(笑)。
零の場合は、鷲塚に一番虐められていたもんな~。
などと、いろいろ比べてみて、面白かったです。

とりあえず、同人誌化への一定のめどがついたので、3月になったら通信販売の詳細をお知らせしますね。
フォントとか、ページ数とかで本の厚さが変わりますし、値段も変わってくると思いますが。
まず最初は限定部数で販売してみようかなあと。200部限定とか?
前回、まとめて発注したら、そりゃもう発送作業が大変で(笑)。
今回も基本は通信販売にしようと思っているんですが、同人誌即売会とかにも参加してみようかとか、いろいろ計画中です。

そんなわけで3月は、新作の電子書籍のお知らせやら、《Ice Doll》のお知らせやらで、いろいろ盛りだくさんになりそうです。
電子書籍に関しては、完全にわたくしの手を離れているので、今は情報待ちな状態。
《Ice Doll》は形にするのがこれからなので、確定申告をやりつつ、頑張っていきますね~。
スポンサーサイト



        
別窓 | 徒然日記 | コメント:0 | top↑
| ++Rosariel.com++ 徒然メモ |