2013年 ありがとうございました
2013-12-31 Tue 22:00
2013年もあと数時間となりました。
1年を振り返ってみると、今年はいただいたお仕事をこなすだけで、精一杯だった年でした。

ホントは、もっと短い話を作って、とっとと書き上げれば良かったんですが・・・。
例のごとく、キャラは勝手に動き出し、プロット無視で話は進み、想像していたものとは別モノのストーリーになってしまいましてね。
とはいえ、それが楽しくて小説を書いているので、満足できたとも言えます。
自由気ままに書かせていただいたので、編集さんには感謝しております。

わたくし自身は楽しく創作活動しておりましたが、Rosariel.comの方は放り出しっぱなしで、遊びに来てくださる皆様にはご迷惑をおかけしました。
10周年だったのに、結局何もできず・・・。
「Ice Doll」の同人誌は、デザイナーさんにも協力していただきながら、ちょっとずつ前進中。
目指せ3月!という感じなんですけれどね💦

というわけで、2013年最後の更新は、「天に歌い 大地と踊る」8話、9話と、まさかの展開になった「王国の暁闇」4話です。
「王国の暁闇」は、いいのか、1年の最後にこんなダークな話にしてしまって・・・という感じですが。
やっぱり、アニキはちょっと狂ってたんだな、うん。
話がさっぱり判らないという人は、明日から連載する「猛る獅竜と永遠の契りを」で、何となく想像してみてください(笑)。
「猛る~」でザグレスというキャラがちらっと出てきますが、この人がアニキと同じ感じで狂ってますからね~。
そんなに沢山出てくる人じゃないんだけど、キーパーソンです。
「王国の暁闇」はこの後、血みどろの三角関係になりそうで、面白そうだけどなあ・・・。
でも、今のところハッピーエンドが想像できない(笑)。
やっぱり、楽しい方がいいよねえとも思うし。

というわけで、2013年も今日で終わりですが、明日からまたよろしくお願いいたします。
こうして10年もサイトを続けてこられたのも、応援してくださっている皆様のおかげです。
本当にありがとうございました。

皆様、どうぞ良いお年をお迎えください。

ojousama.jpg
        
別窓 | 更新情報 | コメント:0 | top↑
『天に歌い 大地と踊る』第7話更新!
2013-12-29 Sun 23:13
<天に歌い 大地と踊る>の第7話を更新しました。
ここにきて、ようやくライゼルが目覚めて、話せるようになってきた・・・ってとこまでです。
第一章終了は、次回の8話になるかなあ。
9話にするには文章が足りない感じなので、最後は長いけど、まとめてしまうかもしれません。
なので、大晦日に紅白歌合戦でも見ながら、更新作業をしようかと。

中途半端になっていた<王国の暁闇>も、とりあえずラストの4話を大晦日に同時アップさせようかと思ってます。
わたくしの中で何となく話が出来上がり始めているので、これは続きを書いていっても面白いかもしれませんね~。
壊れた鬼畜アニキがどうなっていくのか、興味あるところです(笑)。

それで、一応今後の予定としては、元旦に次回作<猛る獅竜と永遠の契りを>の第1話目をアップさせようと計画してます。
実はハロウィンの時にアップさせようかと思っていたんですが、どうせなら続きも・・・と思って、編集さんに交渉してみたわけです。
電子書籍の試し読み分は出さなきゃいけないんですが、さっぱり話の展開が見えないよなあと思いましてね~。

そんなこんなで、<天に~>も第1章をついでにアップさせることになったんですが、久々にご感想などいただくと、やっぱり嬉しいですね♪
いろいろと展開に難ありな話なので、期待させた分ごめんなさいという気分にもなりますが💦
多分、Rosariel.comの中でも1、2を争うキチク展開・・・この間書いた<Fatal Doll>と同じか、それ以上・・・。

今振り返ってみると、あの頃、「悪役」をいかに書くか!にこだわってたんですよね、そういえば。
絶対悪は無いな~とか、悪役の中にも一本筋を通させようとか、なんかいろいろ考えてました。
BLなんだから、そこまで考える必要もなかったかと、今なら思うんですが。

あ、でも<天に~>を書いた後、その勢いのまま<Fatal Doll>を書いたので、御山サンの狂気は引き継がれているかもしれないな~。
さらにその流れは、<猛る獅竜と~>に続いてきている感じです。

そうそう、<猛る獅竜と~>のラフ画を見せていただきました。
上下巻なので、2枚。
1枚目はファンタジックに、2枚目はエロティックに・・・というのは、前回と同じなんですけれどね。
まだ完成画は見てないけど、すっごく素敵でした!
ここのところ気分が沈みがちだったんですが、テンション上がってしまって(笑)。
出来上がるのが今から楽しみです。

ヤーウィ

羽田空港で撮影したクリスマスツリー。
白いミミズクが沢山止まっていて、綺麗でした~。

<猛る獅竜と~>の脇役で、ヤーウィという名前の白梟が出てくるんですが、お気に入りなのでちょっと興奮♪
ラフ画にもヤーウィを描いてもらえていて、嬉しかったです。
ちなみに、我が家にも白梟のぬいぐるみがいるんですが、今度お披露目しなきゃです(笑)。
        
別窓 | 更新情報 | コメント:0 | top↑
電子書籍2作の第1章限定公開始めます
2013-12-21 Sat 15:12
早いもので、電子書籍として出版させていただいた『天に歌い 大地と踊る』公開から、ほぼ2年経ちました。
執筆していた時間を考えると、長いな~と思うのですが・・・。
あれ、でも公開が2012年の2月だったから、あんまり時間が経っていない気も。
その後、次回作ということで続きの依頼があって、1年以上かかりっきりになってたわけですからねえ。

で、その次回作ですが・・・。

タイトルは、『猛(たけ)る獅竜(しりゅう)と永遠(とわ)の契(ちぎ)りを』になりました。
前にブログで書きましたかね・・・忘れた(>_<)

ざっくりとした予定では、多分3月くらいの公開になるんじゃないかと思うのですが、紙媒体と違って、配信時期がまちまちなので、前回同様はっきりはしません。
とりあえず、目標はこの辺りです。

そして、公開に先立ち、新作の第1章をRosariel.comで公開して良いよ~と、会社から許可をいただきましたので、連載形式で更新していこうと思ってます。
第一章だけと言いつつ、結構長めです。短編1本くらいはあるんじゃなかろうかと。
オムニバス形式で、「出会い編」とかにしても良さそうな感じなのでね~。
これを読んで面白そうだな~とか思っていただけたら、「続きは電子書籍でどうぞ♪」という昨今の無料配信っぽい戦略でありますな。
人気漫画だって、途中まで無料で読める時代になっているわけですし。

わたくしとしても、サイト停滞が長く続いていたので、いつも遊びに来てくださる皆さんに、まず最初に読んでいただけたらいいな~と思っておりましたのでね。

それで、『天に歌い 大地と踊る』の第1章も、合わせて公開しても良いといわれてますので、昨日からサイトにアップし始めました。

世界観は同じですが、舞台となる国が違うので、雰囲気とか、楽しんでいただければ良いかなあと思います。
設定とかもいろいろ被ってますので、補足的な感じで読んでいただいてもいいかも。

ついでに、トップページに置いてあった『王国の暁闇』も、同じ世界観に押し込めてしまったので、場所を移動させました。
『天に歌い 大地と踊る』と同じ場所にありますので、読みたい方はこちらからどうぞ♪
気が向いたら、続きを書いたりするかもしれません(笑)。

写真が無いと寂しいので、最後に可愛いニャンコの写真を。

マンチカン仔猫

足が短いマンチカンという種類の仔猫。
ぬいぐるみみたいにモフモフでした。


        
別窓 | 天に歌い 大地と踊る | コメント:2 | top↑
青い着物ばかり・・・
2013-12-08 Sun 12:44
先日、大学時代にお世話になった教授の退官記念パーティがありました。
12月のパーティだし、ちょっと華やかになるように・・・と思って着物で出席したのですが。

う~ん。獣医の集まりって、地味だってこと、すっかり忘れてた。
ここは学会か!?というような感じで、黒・グレーのスーツの先生ばかりでした。
まあ、男の先生が多いからスーツなのは仕方ないんですが、女獣医師も黒ドレス率高かったなあ。

そんな中、自分の趣味を丸出しにしたわたくしは・・・かなり浮いた存在だったかも。
でも、久しぶりに会った後輩からは、「マリア先生は、昔、真っ黒でしたよね!」とか、「今日は黒じゃないんですね」と言われました。
なるほど、昔のわたくし、真っ黒だったのか。
確かに、今も黒という色は好きですが、服は黒を着ることが少なくなったかもしれません。

田舎に住んでいるせいか、年を取ったせいか、周りの風景に黒という色が馴染まないような気がするんですよね。
春は花の色や新緑、夏は真っ青な空と濃い緑、秋は紅葉。
冬は落葉した木々が多いので、黒を着ると、なんだか寂しく寒々しい感じに見えたりもするし。
寒すぎるから、むしろ明るい色を着たくなるのか。

それもあるけど、自分が持つエネルギーみたいなのが、以前に比べると落ちてきているような気がする。
若い頃はもっとギラギラした強さがあったけど、最近はぼや~としてきているような。
久しぶりに都会に出ていくと、周囲のエネルギーの強さに圧倒されてしまって、自分がぼやけた曖昧な存在になっているような気がするし。
昔はもっと「確固たる個」があったような感覚だったんだけど、それは自己主張の強い若さだったのか。

つまり、これが年を取った!ということなんでしょうか!?
そんな事を思いながら、「このままじゃいかん!」とちょっとした危機感を持ちました。

まあ、若さゆえに見えていなかったことも多々あるんですけれどね。
自分自身の性格もそうだし、小説もそうだし。
来年は、ここのところ気づいた反省点を生かしつつ、もっといろんな事に積極的になりたいなあと考えております。

退職記念パーティ着物

パーティに着ていった着物。
青薔薇に薔薇の帯。
青い着物ばかりが増えていくけど・・・好きだから仕方がない。
もうちょっと着物の色が濃ければ、これぞ<Rosariel.com>などと思っておりました。


        
別窓 | 徒然日記 | コメント:0 | top↑
| ++Rosariel.com++ 徒然メモ |