スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
        
別窓 | スポンサー広告 | top↑
『今夜、あなたの猫になる』32~35話 完結!
2011-08-25 Thu 23:30
7月から書き始めた『今夜、あなたの猫になる』ですが、全35話、本日完結しました!
できるだけ毎日更新しようと思いながら書き進めてきましたが、何とか8月中に終わってほっとしております。
かなりお気楽な話で、最後までエロエロでしたが、楽しんでいただけたでしょうか?

2011年に入って早々にサイトを休止して、半年以上更新できなかったんですが、お待たせしてしまったお詫びの作品のような感じになりました。
もちろんそれだけではなくて、シリアスな作品から、またハードな作品に移るというのが大変だったので、緩衝材のような形で書き始めたんですけれどね。
ファンタジーから現代モノへ移るためのリハビリでもありましたし。

しかしながら、当初考えていた以上に、わたくし自身が書いていて楽しかったので、珍しく終わらせるのが寂しいと思ってしまいました。
いつもは(特に大長編の時は)、終わると「やれやれ」なんですけれど(笑)。
今回は、まだ話としては短かったし、最後の一滴まで力一杯絞りきるという感じでもないので、自分自身に余裕があったんだと思います。
そういう感じも、なかなか新鮮で良いのですが。

さて、最後は18禁で終わってしまったこの話ですが、ノンケだった大貴君、一応、完落ちということで。
全く男に興味なかった主人公が、「あらら・・・」という感じで落っこちる話が書きたかったので、まあ良かったかなあと思います。
だからこそ、千晴サマには、アノ手コノ手で頑張ってもらわなければならなかったんですが、「よく頑張ったで賞」をあげなきゃいけませんね(笑)。

でも実は、大貴以上に完落ちしてるのは、千晴サマの方だったりするんですが・・・。
大貴にとって、それが良かったかどうかは謎です。
千晴サマは本気になってしまったからこそ、とんでもない独占欲やら執着やらで束縛されることになったわけですから。
変質者以上の変質者とでもいいましょうか、多分、執着の強さでは鷲塚と同レベルなんじゃなかろうかと(笑)。
鷲塚の場合は、零が素直な性格なので、だんだん精神的に安定してきているような感じがあるんですが、大貴は意地っ張りなので、むしろ千晴サマの方が不安定になるんじゃないかなあ。
一度絡みついたら、気が済むまで離れないんだろう・・・やっぱり、蛇っぽい感じです(←それも毒蛇)。

鷲塚は零を無理矢理監禁しましたが、大貴は、自ら蛇の巣にのこのこと入っていってしまいました。
でもって、「猫の鈴」まで付けられてしまいましたが、今後苦労するんだろうなあ(笑)。
まだ何となく女子にも未練があるので、当分は外してもらえないんじゃないかと思います。
ちなみに、この話の背景に使っていた壁紙も、「猫の鈴」だと思って見てみると、何やらエロティックな雰囲気に見えませんか?
「これは、ぴったりよね~♪」と、心の中でずっとほくそ笑んでおりました。

そして、大貴の「猫の鈴」を作ったのは、間違いなく東山シャチョー(←会社の技術屋さん)だろうと考えております(爆)。
大貴は痴漢&ストーカー被害に遭っているので、千晴サマはいろいろ心配しているわけですよ。
まあ、アソコなら、仮に誘拐されたとしても、パンツ脱がされない限り見つからないでしょうし、浮気防止にもなりますからね~。

鷲塚でもしないぞ、そんな事──まあ、しておけば、零が誘拐されてもすぐ見つかったかもしれませんが。
久しぶりに<Fatal Doll>を最初から読み直したんですが、零と大貴の性格があまりにも違いすぎて、思わず笑ってしまいましたよ。
鷲塚と千晴サマも全然違うし。

ちょっと両手の指が腱鞘炎気味なので、すぐに<Fatal Doll>再開はできませんが、続きを書くのが楽しみになってきましたね~。
「猫」を書く前は、精神的に重く感じていたんですが、元気をもらったせいか、今は書けそうな気がします。
なので、今度はさほどお待たせすることはないのではないかと。
甘々ラブラブな展開にはなかなかなりませんが、ハードボイルドっぽい感じにできればな~と思っております。

予想外に長くなってしまいましたが、<今夜、あなたの猫になる>、楽しんでいただければ幸いです。
スポンサーサイト
        
別窓 | 更新情報 | コメント:0 | top↑
『今夜、あなたの猫になる』26~31話更新
2011-08-22 Mon 23:11
何だかどんぶり勘定的な更新情報になってますが・・・。

本日、『今夜、あなたの猫になる』31話更新しました。
前回に引き続き、18禁となっております。
何というかもう、甘々な感じで、書いてる方も恥ずかしい(←書いてるけど)感じです(笑)。
千晴サマは、猫可愛がりというか、溺愛系のお人でございました。

ストーカー事件などありましたが、基本的にこの話のメインはそっちじゃないので、事件が解決してももうちょっと続きます。
なので、おそらく完結するのは、35話くらいになるんじゃなかろうかと。
26話から31話までの間に、4話分も18禁を突っ込んじゃいましたけれどね(笑)。
短い(←当サイト比)話のわりには、エロエロな話になりました。
まあ、お色気担当の千晴サマが頑張ってくれるので、書いていても楽しいんですが(爆)。

前回・・・というより、最初に二人が結ばれた時は、大貴が初心者ということもあって、千晴サマ的にはもの足りない思いをしたんじゃなかろうかと思います。
でも今回は、少しは満足したかな(笑)。
二人の関係も、最初より深まっているし、何より千晴サマが『猫』の可愛さにハマってしまったようで。
最初の頃は、まだ少し醒めた感じがあったんですが、だんだん余裕が無くなって、ガツガツしてきましたねえ。
彼が壊れていく様が書きたかったというのもあるので、ここまでくると、ちょっと満足です(笑)。

一方の大貴は、あんまり変わってないんですが、完結する頃にはちょっぴり大人になれるかも?
そんな話になればいいなあと思っております。

7月から書き続けてきて、気がついたらもう8月下旬に突入してしまいました。
リハビリ用として書き始めたこの話ですが、シリアスになることも少なかったので、書いていて楽しかったです。
そして次こそは、<Fatal Doll>に手をつけなければですねえ。
3部を書き始めたのが去年の8月下旬だったので、ちょうど良い時期かもしれません。
現代モノの感覚も戻ったし、この調子なら行けるかも!
・・・その前に、ちょっとだけ休憩を挟むかもしれませんが、とにかく頑張ろうと思います。
        
別窓 | 更新情報 | コメント:0 | top↑
可愛い猫に癒される瞬間
2011-08-20 Sat 23:18
ブログを書く予定じゃなかったんですが・・・。
あまりにも可愛すぎる猫の動画を見たので、萌えてしまいました(笑)。




貼り付けておきましたので、お暇があったらご覧くださいませ。
恥ずかしがりな大貴も、きっとこんな感じよね♪などと、思ってしまいました。

そうそう、本日<今夜、あなたの猫になる>29話も更新しました。
次回から、また赤字が続きますので、ご注意くださいね~。

ではでは、おやすみなさい。
        
別窓 | 徒然日記 | コメント:0 | top↑
『今夜、あなたの猫になる』22~25話更新
2011-08-15 Mon 23:03
8月も中日になりましたが、相変わらず暑い日が続いてますね。

14日のサマーソニックの招待券が当たったものの、結局、わたくし行けませんでした~。
その前日、13日、我が家のワンコのお散歩中、迷子の柴犬を拾ってしまったのです。
首輪をしてなくて、フラフラ歩いていたんですよ。
車に轢かれそうになっているのを目撃してしまい、保護することにしました。

翌朝、町内放送で「迷い犬のお知らせ」をしてもらったら、すぐに飼い主さんが引き取りに来られました。
雷が大嫌いなワンコらしく、ちょうど昼過ぎくらいの雷鳴にびびって、首輪からすっぽ抜けて逃亡したそうです。
そういえば、散歩中に花火の音を聞いて、もの凄く怯えているのが印象的でした。
理由を聞いて、なるほど・・・という感じです。

そんな感じでバタバタしていたので、さすがに幕張まで遠出する気にもなれず、暑くて倒れるかも!という心配もあったので、サマソニ初参戦はできませんでした。
ちょっと残念だったな~とは思うんですけれどね。
この夏はどこにも出かける予定が無かったし。

そんなわけで、引き続き家に引きこもって、続きを書いておりました(笑)。
大貴がああいう性格なので、深刻に悩まずに書けるのが良いですね~。
友達ともめてみたり、元カノが出現したりといろいろありますが、大貴自身はあんまり気にしてない。
というより、一番精神的に動揺するのが、自分の猫の事だったりします。

ちなみに、今回の25話で書いた猫逃亡の話は、わたくしの実体験などが元ネタになってます(笑)。
病院を逃げ回る猫を捕獲したり、引っ掻かれたり、噛みつかれたり・・・いろいろあったなあ。
千晴サマは今回、眉間から血を流しておりますが、これもわたくしの実体験。
今でもちょっと眉間に傷が残っております(汗)。

後輩に当たる男の先生も、やっぱり眉間をやられて、大騒ぎになりましたねえ。
逃亡猫を捕まえようとして、引っ掻かれたんですが・・・。
猫は体が柔らかいので、思いがけない場所を引っ掻かれるんですよね。

とりあえず、パニック状態の猫に手を出してはいけません(笑)。
千晴サマは・・・お気の毒ということで。

まあでも、千晴サマは、犬より猫が好き・・・というより、猫大好き人間なんだと思います。
だから、本人も基本的に静かなタイプだし、騒々しいのが嫌い。
鷲塚のように、刺々しくて殺気立った雰囲気の人間にも、猫は警戒して近づかないと思いますが、千晴サマの場合は気配は穏やか(←本性は綺麗に隠されてますが)なので、猫から好かれるでしょう(笑)。

そんなわけで、25話は猫エピソードな回となりました。
次回は多分、赤字が入るんじゃなかろーかと思います(爆)。
        
別窓 | 更新情報 | コメント:0 | top↑
『今夜、あなたの猫になる』20・21話更新
2011-08-11 Thu 23:55
昨日は疲労が出てきてしまったのと、夜はサッカーの日韓戦にかじりついていたので、更新ができませんでした。
一日充電日に当てられましたし、日本代表は勝ったし、そのお陰で今日は朝から元気でした。

しかし・・・日中はホントに暑くて、頭がぼーっとしてしまいました。
最近は暑いので、ワンコのお散歩も7時半くらいに行くのですが、それでも蒸し暑くて、いつもはサクサク歩く距離なのに、倍くらいの時間がかかってしまいました。
熱中症で倒れる方が多いというのも納得です。
どうぞ皆様、暑さ対策、十分になさってくださいね。

そして本日、『今夜、あなたの猫になる』21話更新しました。
今回はちょっと動きがありましたが、さて、この後どうなるのかなあ(笑)。

しかし、今日は小説の話題はこれだけにして、やっぱりサッカー!!
皆様、昨日の日韓戦はご覧になりましたか~?
わたくしは、最初から最後までTVにかじりついておりました(笑)。
つい先日亡くなった松田選手への追悼ということで、みんな腕に喪章をつけてましたね。
盛大なコールが起こった時は、ついホロリとしてしまいました。

ここ最近の親善試合では、スコアレスドローが続いていたので、昨日の試合は見ていて大満足でした。
わたくしお気に入りの香川選手も復活したし! 二得点上げたし!
本田選手のゴールもそうですが、三点とも、見ていて大興奮なゴールでした。
テンション上がりっぱなしになったので、小説書くどころじゃなかったんですけれどね~。

9月になると、W杯予選が始まるし、女子もオリンピック予選が始まるし、しばらくサッカーから目が離せませんね。
        
別窓 | 更新情報 | コメント:1 | top↑
『今夜、あなたの猫になる』14~19話更新
2011-08-08 Mon 22:45
ちょっと久しぶりにブログの更新です。
最近はツイッターに更新メッセージが書けるので、ついついサボりがちになってしまいました。
更新作業が終わったくらいで、眠~くなっていたんですよね。

というわけで、本日『今夜、あなたの猫になる』19話更新しました。
千晴サマとの初デートが終わって、日常に戻った感じです。
新たに変な人も登場しておりますが・・・(笑)。

今回は、大貴の実家の話をちょろっと書きましたが、ここはあんまり問題無い家庭です。
父母と、兄が一人の4人家族。
お兄さんは6歳年上なので、多分、大貴は甘やかされて育ったんだろうな~と思います。
真面目な兄に、気まぐれな弟という感じの兄弟なんでしょう、きっと(笑)。

一方、千晴サマの家は、旧家特有のドロドロしたものを抱えてそうな予感♪
美形を多く排出するんだけど、時々、ド変態と呼ばれる人が生まれてくる血筋なんですよ、多分。
そこまで突っ込んでしまうと、また長くなるので、今回はさらっと流します(笑)。

この先、この二人が本当に結ばれる日は来るのか?
千晴サマはともかく、大貴の「葛藤」がどう決着するんだろう(←しないかも?)。
医者を相手に愚痴っておりましたが、果たして『女子アレルギー』は治るのか?
何となく、台風の目になりつつある大貴ですが、巻き込まれていく人たちが、ちょっとお気の毒です。


さて、話は変わりますが、最近、わたくしのダンナさんが、「ナンバーシックス」というアニメを見ております。
元々アニメ好きなので、いろいろランダムに見ているようなのですが・・・。
先日、そのアニメの感想を、ぽつりと漏らしておりました。

「何だかさあ・・・ちょっと、ホモっぽい臭いがするんだよね」

わたくし、アニメに限らず、最近はほとんどテレビを見てないので、「へーえ」と言うしか無かったんですけれどね。
あらすじを語ってくれたので、拝聴していたところ、確かに何となく妖しい臭いが(笑)。
気になって、ネットを検索してみたのですが、同じように感じていらしゃる方、いるようですねえ。

ダンナさんは、陰謀の結末が気になるからってことで、今後も見続けるということなのですが──。
1話見終わるごとに、今日はあの辺がホモ臭かったと感想を言っております。
やっぱり、そういう雰囲気って伝わってしまうものかなあと、素知らぬ顔をしながら思いました。
「あなたの嫁は腐女子ですよ」とは、いまだに言えてませんけれどね(爆)。

とりあえず今は、「美少年のラブラブな雰囲気を楽しめばいいじゃないか!」と励ましております。
どんな感想を言ってくるのかが、毎回楽しみで(笑)。
ダンナさんは完全にノンケなので、発想とか感想を聞いていると、いろいろ参考になります。
ある意味大貴も、そういう話を聞いていなければ、生まれてこなかったかな~と。
(↑ダンナさんの高校時代の親友が、大学に進学して、男の先輩から告白されたらしい。
 その話を聞いてから、いろいろ妄想が膨らみました(爆))

世の中、何が幸いするか判りませんね~(笑)。
        
別窓 | 更新情報 | コメント:0 | top↑
『今夜、あなたの猫になる』11~13話更新
2011-08-01 Mon 23:00
8月になった本日、そして週明けの月曜日なのにも関わらず、赤字(18禁)入りの更新となりました。
爽やかじゃなくて、申し訳ございません。
できればエロいシーンは、週末に持っていきたいんですけれどねえ・・・何となく(笑)。

というわけで、本日<今夜、あなたの猫になる>13話更新しました。
ここから本格的な夜・・・じゃなくて朝の話になりますよ。
千晴サマの警告も聞かず、薬+アルコールで泥酔してしまった大貴ですが、これに関しては自業自得という感じですね。
ベロンベロンに酔っ払っているところを世話してもらって、感謝しても良いくらいです(笑)。

まあ、酔っぱらいをホテルに連れ込んだのは、<Toy Doll>の東山シャチョーも同じなんですが、その後の展開はちょっと違います。
鬼畜な東山の場合、悪いと判ってることを平然とやらかす男なので、初心な悠利先生を好きなように弄んでいる感じ。
一方、千晴サマの場合は、大貴とじゃれ合っているのが楽しいので、そういうえげつない事はしない。
奴隷が欲しい東山と、『猫』が欲しい千晴サマの違いでしょうかね。
どちらが好きかは、読者様のお好みで(爆)。

何となく、東山と千晴サマは似ているような気もするんですが、男としての色気は、千晴サマの方が粘度が高い感じです。
東山の場合、酷いことを平然とするくせに、性情はわりと淡泊で薄情な感じ。
表面的には誰に対しても人当たりが良いんだけど、本性はかなり残酷です。
だから悠利がいつも泣かされるんですが。

千晴サマは、一見取っつきにくそうなんだけど、気に入られると可愛がってもらえる(笑)。
露骨な無関心さと、情の深さが二極化していて、好き嫌いがとにかく激しい。
でも仕事はしなきゃいけないから、社会適合するためのそつの無さは一応身につけた・・・という感じ。

この二人、いつか出会わせてみたいのですよ・・・というか、絶対に知り合いなはず!
千晴サマは設計会社の社長なので、セキュリティ会社の東山とは付き合いがあるよな~と。
ゴルフとか、一緒に行ってるだろう(←仕事上の付き合いで)。
さらに、ゲイの千晴サマと、バイセクシャルの東山シャチョーなら、接点も多かろうと思うわけです。
年齢も近いし、まだ書いてないけど、卒業大学も同じ(←学科は違えど)。

ついでに言えば、鷲塚とだって接点があるだろうなあと思います。
土建屋さんとヤーさんは、昔から仲良しです(笑)。
まあ、水と油ぐらい性格が違うので、仲良くはなれないでしょうけれどね。
零が千晴サマに見惚れて、痴話喧嘩が勃発したりはするかな~。
大貴の『女子アレルギー』は、零に対してどう反応するんだろう?
(↑多分、零を女性だと認識したら、発症すると思われます)
そんな事をいろいろ妄想してしまいました。

それから、沢山ご感想をいただいているのですが・・・すみません、全然お返事が書けておりません。
余裕のある時に書こうと思っているんですが、力尽きて寝てしまうことが多々ありまして(汗)。
大変申し訳ないのですが、今しばらくお待ちくださいませ。
いただいたご感想は、本当に励みになっております。
毎日頑張って更新しよう!とエネルギーをいただいておりますよ。
いつもありがたく拝読させていただいております。

なかなかお返事は書けませんが、つづきは頑張って書いておりますので、どうぞご容赦を。
<Fatal Doll>も再開させなきゃいけないので、『猫』はできるだけ早く終わらせたいのです。

言い訳ばっかりになっておりますが、8月もまた、<Rosariel.com>をよろしくお願いいたします!
        
別窓 | 更新情報 | コメント:0 | top↑
| ++Rosariel.com++ 徒然メモ |
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。