FC2ブログ
  • ここ最近、わたくしがハマりまくったのが『和楽器バンド』。いや~、衝撃的でした。ボーカロイドが原曲なのだそうですが、そんな事はつゆしらず、たまたま動画で試聴したのですよ。ガッツーン!と殴られるようなショックを受けました。だって、尺八、三味線、琴とか、純和風な楽器が、思いっきりロックしているじゃないですか。疾走感たっぷりで、全然違和感ないし。というより、スピード感にハマっているし。聴かなきゃ損だよ!と... 続きを読む
  • 何となく精神的に不調なので、気分転換に音楽の話題でも。このブログを読んでくださる方はとっくにご存じだと思うのですが、わたくし、北欧メタルが大好物でございます。たまたま車に乗っていた時にラジオで流れていた曲が、ぴぴっとアンテナに引っかかりました。あれ、何となく北欧っぽい気がする、これ。誰だろうと思って、『Shazam』で検索してみたところ・・・スウェーデンのバンド『DYNAZTY』だと判明。わたくしの... 続きを読む
  • Within Temptationの新曲。元Nightwishのボーカル、ターヤと共演だなんて、美味しすぎる。ターヤのオペラティックな高音に鳥肌。さすがです。でも、曲調はやっぱりWithin Temptationでした。こっちも好き。... 続きを読む
  • ちょうど先週の土曜日、Loud & Metal Attackというフィンランドメタルフェスに参加してきました。ツイッターで前日から大騒ぎしていたので、ご存知の方もいらっしゃるかと思うんですけれどね~。そのライブに、大好きなNightwishが参加していると知って、わたくし発狂しておりました。チケット取れて、良かった~~!!前日、ほぼ諦めかけていたのですが、「やっぱりNightwishの生ライブ見たい!!」と俄然やる気になって、やはりN... 続きを読む
  • 最近、何故かヘビロテ中のXANDRIA(キサンドリア)というバンドの、↓このアルバム。ドイツのバンドなのですが、フィンランドのNightwishにそ~っくり!!Neverworld\\\'s End(2012/03/06)Xandria商品詳細を見るかといって、パクりというわけでも無いんですよね。曲は全部別モノになっているし・・・。Nightwishの以前のボーカルだったターヤが、あのままボーカルを続けていたら、こんな風な音楽になったかもしれない・・・そういう感じな... 続きを読む
  • コメントの御礼、ぼちぼちではありますが書かせていただいてます。応援メッセージを読ませていただくたびに、本当に励まされています。完結するまでオープンにしない小説、これほど長いものは書いたことが無かったんじゃないかな~。サイトの場合は、週刊連載?みたいな感じですからね。書いては更新、書いては更新・・・なわけですから。そういう意味でも、なかなか新鮮な感覚です。さて、今日は気分転換に音楽の話題。わたくしMa... 続きを読む
  • TVでフィギュアのアイスショーを見ていて驚きました。なんと、カナダのロシェット選手が出ている!?曲がEVANESCENCEの《My Immortal》だったからさらに驚き。オリンピック直前に、ロシェット選手のお母様が亡くなられたというニュースは、フィギュアを見ていた人ならきっと皆知っているのではないかと思います。オリンピック後の世界選手権には出場していなかったけれど、その後、こうして海外のショーには出ているな... 続きを読む
  • 久しぶりに音楽の話題。女性ボーカルのゴシックメタルバンドというのは、ヨーロッパでも北欧とかオランダ、ドイツとかに多いのかと思っていたのだけれど、南国イタリアにもちゃんと存在しておりました。でもやはり、北欧系のバンドとは雰囲気とか曲調とかが違うような気がする。何となく暖かいというか、太陽の熱を感じるというか・・・。カーマコード(2006/05/24)ラクーナ・コイル商品詳細を見る イタリア・ミラノ出身のゴシック... 続きを読む
  • ヨーロッパのシンフォニックメタル(ゴシックメタル)系のバンドを聴きあさっていると、本当に様々な国に同じような系統のバンドがいるもんだな~と気づくことになるわけですが(笑)。その中でもオランダという国は、Within Temptationを筆頭に、女性ボーカルのゴシックメタルバンドが多いような感じです。このDelainというバンドも、やはりオランダ出身。ところがちょっと調べてみると、このバンドを立ち上げた人が元Within Temp... 続きを読む
  • 最近、<氷雪の王冠>を書き続けているせいか、<妖精王の光環>を書いていた時によく聴いていた音楽をBGMで流してます。中盤など、重々しくてダークな雰囲気の時にはNightwishの方が好みだったんですが、エルフの森やら特に終章とかは、Within Temptationの方を聴いてました。Ice Dollシリーズの番外編を書いていた時は、もっと軽め?な感じの音楽の方が良かったんですけれどね~(笑)。やはり小説の波長というか、雰囲気とかにB... 続きを読む

プロフィール

Maria(マリア)/歌堂マリア

Author:Maria(マリア)/歌堂マリア
歌堂マリアで電子書籍も書いてます♪

カレンダー

02 | 2020/03 | 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

★ Twitter ★

Mariaの本棚

検索フォーム

アクセス